組織の影響とライフサイクル

最初の章でプロジェクトとは一体どういうものなのか?をひとしきり論じた後、続くこの章ではプロジェクトを取り巻く環境に焦点を当てます。

プロジェクトは、プロジェクトそのものよりも広い環境において実行される。
<PMBOK®ガイド>

ここで言われてるい広い環境というのが、組織と時間、二つの観点です。
組織的な環境というのは、プロジェクト組織が母体組織の部分集合であるということ。
この関係性を押さえるのが、章のタイトルにある「組織の影響」です。
時間的な環境というのは、プロジェクトは母体組織の終わりなき存続期間(*)の一時期だけの活動であるということ。
この関係を押さえるのが、章のタイトルにある「プロジェクト・ライフサイクル」です。
(*)母体組織の終わりなき存続期間:
結果的に解散することはあっても、多くの組織は存続、発展を目指しているわけです。

  • 組織の文化。プロジェクトは尊重しつつ迎合せず
  • 組織体の環境要因。プロジェクトは清濁併せ呑む
  • 組織のプロセス資産。お決まりのインプットだからって環境要因との違いは歴然