発生確率と影響度の定義。プロジェクトで個性を発揮されても困るから


個別リスクを評価していくことを、リスク発生確率・影響度査定と言って、定性的リスク分析の役割として、ツールと技法に挙げられているわけです。

査定のためのテンプレートがリスク発生確率・影響度マトリックスで、予めリスク・マネジメント計画書に用意されます。

で、もうひとつ、リスク発生確率・影響度査定を行うために大切なものがあります。

それが、発生確率と影響度の定義。

あるリスクの発生確率について、

私は高いと思う。
とか、

俺は低いと思う、
とか、

こうなるとマズイわけです。

 

いや、もとい、マズくありません。

議論はあってかまわないんです。

てか、PMBOK®ガイドでも推奨されていました。

リスク査定はインタビューや会議を通して行われる。
<PMBOK®ガイド>

とありますから、侃侃諤諤(かんかんがくがく)やった方がいいわけです。

ただ、最終的な結論としての査定は、決める必要がある。
そして、そこに組織としての一貫性が求められるわけです。

なので、
リスクがどういう状態のときに発生確率が高いと言うのか。

リスクが顕在化しときの影響がどうであったら、影響度が大きいというのか。

予めこれを決めておいて、リスク査定が属人化(人によって変わること)することを防ぐわけです。
これが、「発生確率と影響度の定義」です。

さらに、発生確率と影響度の定義は、プロジェクトごとに策定するよりも、母体組織として策定し、組織のプロセス資産として共有すれば、プロジェクトの比較もし易くなり、リスク・マネジメントのレベルアップにつながります。


icon-exclamation-circle本気になったら、講座でお会いしましょう!
icon-arrow-down

スキマ時間でPMPを取るためのチューター付き通信講座
icon-quote-left 受験料応援キャンペーン:1万円のキャッシュバック実施中 icon-quote-right

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。