コスト・マネジメントの役割


コスト・マネジメントは、PMBOK®ガイドの10個の知識エリアのうちの一つです。

正確には、頭にプロジェクトが付いて、
プロジェクト・コスト・マネジメントといいます。

プロジェクト・コスト・マネジメントは、プロジェクトを承認済みの予算内で完了するために必要なプロセスからなります。

お金のマネジメントですね。

私の経験からいうと、
お金の管理まで任せられている人は、プログラム・マネジャーか、あるいはプロジェクト・マネジャーでもそれなりの階層の人に限られていて、サブプロジェクトのプロジェクト・マネジャーなんかは、進捗管理ぐらいまでを担うケースも多いですね。

ま、私の専門分野である、ITプロジェクトでは、コストといっても、その大半が人件費。
つまり、進捗管理をしっかり行えば、必然的にコストも計画から外れることはない、という事情もあるんですけどね。

ということで、人によっては、新鮮な印象で学べる知識エリアかもしれません。

 

さて、
ここはまた、タイム・マネジメントから一転して、マネジメント・プロセスの数がぐっと減ります。

マネジメント・プロセスが少ないといっても、論点が少ないわけではありません。
ここは、アーンド・バリュー・マネジメントなどの重要論点が守備範囲にもなっていて、人によっては理解するのに時間を要することもあります。

しかし同時に、理解さえしてしまえば、得点源にし易い知識エリアとも言えるんです。
アーンド・バリュー・マネジメントなんかはまさにソレ。
是非そうなるように、しっかりモノにしてください。

 

多くの組織において、プロジェクトの成果物に見込む収益などのパフォーマンスを予測し、分析することは、プロジェクトとは別に行われる。
<中略>
そのような予測や分析を行う場合、新たなプロセスとして、投資収益率、割引キャッシュフロー、投資回収分析など、多くの一般的なマネジメント技法を取り扱う。
<PMBOK®ガイド>

PMBOK®ガイドには、これだけしか書かれていないのですが、ポートフォリオ・マネジメントにも関連する論点で、

・投資収益率、
・割引キャッシュフロー
・投資回収分析

これぐらいはPMP試験向けにも、どういったものなのか、基本的なことぐらいは押さえておきたい技法です。

別の記事で解説します。


icon-exclamation-circle本気になったら、講座でお会いしましょう!
icon-arrow-down

スキマ時間でPMPを取るためのチューター付き通信講座
icon-quote-left 受験料応援キャンペーン:1万円のキャッシュバック実施中 icon-quote-right

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。