プロジェクトマネジメント・プロセスの分類のし方。プロセス群と知識エリア


プロジェクトマネジメント・プロセスは、5つのグループと10の知識エリアに分類されます。

グループは、”群”と和訳されて、5つのプロジェクトマネジメント・プロセス群と呼ばれます。

47個のプロジェクトマネジメント・プロセスが、この二つの切り口で立て分けられているわけです。

この5つのプロジェクトマネジメント・プロセス群と、10の知識エリアを一表で表現したものが、冒頭の図です。

一番左の列に並んでいるのが知識エリア。
一番上の行に、5つの並んでいるのが、プロジェクトマネジメント・プロセス群です。

知識エリアは、上から順に、

  1. 統合
  2. スコープ
  3. タイム
  4. コスト
  5. 品質
  6. 人的資源
  7. コミュニケーション
  8. リスク
  9. 調達
  10. ステークホルダー

知識エリアってのは、つまり、マネジメントする領域、何をマネジメントするのか、による分類です。

順番なんかは、覚える必要はありません。

正式な知識エリアの名称は、それぞれ、前にプロジェクト、後ろにマネジメントが付きます。
一番目の知識エリアの”統合”は、”プロジェクト統合マネジメント”です。

プロジェクトマネジメント・プロセス群は、左から順に、

  1. 立上げ
  2. 計画
  3. 実行
  4. 監視・コントロール
  5. 終結

それぞれ、後ろに、”プロセス群”を付けて呼びます。
”立上げ”は、”立上げプロセス群”です。

 

47個のプロジェクトマネジメント・プロセスの一つ一つは、この表の、いずれか一つのマスの中に入ることになります。

したがって、一つのプロジェクトマネジメント・プロセスは、ある知識エリアの、あるプロセス群に所属するわけです。

図にサンプルとして表示されている「WBS作成」は、プロジェクト・スコープ・マネジメントの計画プロセス群に属しているわけです。

つまり、WBS作成が、スコープの計画において行うプロセスだということが分かるわけです。


icon-exclamation-circle本気になったら、講座でお会いしましょう!
icon-arrow-down

スキマ時間でPMPを取るためのチューター付き通信講座
icon-quote-left 受験料応援キャンペーン:1万円のキャッシュバック実施中 icon-quote-right

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。