プロジェクトマネジメント・プロセスのサンプルを見てみよう。命名にはルールがある。


では、プロジェクトマネジメント・プロセスのサンプルを見てみましょう。

プロセス名は、WBS作成。

内容についての詳しい解説は、知識エリアのスコープ・マネジメントで行いますので、ここでは、プロジェクトマネジメント・プロセスのサンプルとして気楽にみてください。

 

WBSはワーク・ブレークダウン・ストラクチャーの略で
プロジェクトの成果物を小さい単位に分解した図のことです。

原文のプロセス名称は、Create WBSです。

このプロジェクトマネジメント・プロセスの名称には、命名ルールがあって、プロジェクトマネジメント・プロセスの名称はすべて、動詞+名詞(目的語)になっています。

つまり、
何かを

作る
見積る
コントロールする
分析する
完了する
獲得する
設定する
保証する
確認する
etc.

まさに、プロジェクトマネジメント・プロセスは、行動を伴う単位であるわけです。

もちろん、この命名ルールは、元の英語版だけのお話。

「WBS作成」という名称からも分かるとおり、和訳版には適用されていませんので悪しからず。

 

そして、
図の左が”In”の表記がこのプロセスのインプット。
右側の”Out”がアウトプット。
真ん中の挙げられているものが、ツールと技法を表しています。


icon-exclamation-circle本気になったら、講座でお会いしましょう!
icon-arrow-down

スキマ時間でPMPを取るためのチューター付き通信講座
icon-quote-left 受験料応援キャンペーン:1万円のキャッシュバック実施中 icon-quote-right

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。